4/15/17

Sony α6500 + SEL90M28G. 4K



                 α6500で撮ったルリマルハナバチの飛翔中の後姿です。
           これは切って出しです、中出しではありません。

           北米市場でソニーがニコンを逆転して2位になったそうです。
           やはり、ミラーレスのフルサイズが人気なのでしょうが、早ければ
           来週発表される新型α7Ⅲが楽しみです。

           メチャな価格でなければ、次はαⅢ+400mmGレンズ。
           でも、合わせて軽く50万円を超えるなら、オリンパスです。
           フジもXマウントで頑張っているそうで、大変気になります。

           シンガポールでの主流はキャノンとニコンなのだそうです。
           野鳥撮影の現場では巨大なフルサイズボディーにバズーカレンズを
           付けて、これまた巨大な三脚に乗せて、皆似たようなお顔で並んでいる
           のは滑稽でした。
           アンなもの担いで海外旅行にも行けません。

           暇を持て余す私なら、毎週近隣の海外旅行先で数種類のミラーレスを
           背中に背負って、気軽に手持ち撮影が楽しいです。  
            スマトラ島の巨大なスズメバチ撮影行までに練習を重ねます。